古代から行われている包茎手術

古代から行われている包茎手術

包茎を放置していると人生を損しているかもしれません

包茎と一口に言っても包茎には『勃起しても亀頭が出ない、もしくは亀頭と包皮が癒着して剥く事が出来ないケースもある真性包茎』や『勃起していない状態であれば包皮を剥いて亀頭を出せるけど、勃起時に亀頭を無理に出すと緊急対応が必要な事もあるカントン包茎』、『勃起すれば亀頭が出るケースから勃起しても剥かない限りは包皮が亀頭を覆っているケースまでの仮性包茎』と色々なタイプがあります。
軽度の包茎なら手術をせずに包茎矯正器具や薬品を使用する事もありますが、包茎矯正器具等を使用する場合でも、専門の医療機関へ相談する事をおすすめします。包茎矯正器具も手術に比較すると安価で行えますが、現状の包茎の状態をきちんと確認しなかったり、自己判断で無理に使用して怪我をしてしまったり、使用した薬品が合わずに炎症等の症状が出てしまう事もあります。また仮性包茎以外では、これらの器具を使用するのは危険ですので使用しないようにする方が良いかと思います。
別に生活に支障はないと包茎を放置した場合、臭いをはじめとしたデメリットがあります。仮性包茎なら包皮を剥いて洗えば、問題無いと思うかも知れません。でも包皮に亀頭を包まれていると陰茎が正常に発達する事ができません。
性行為の時に臭いで嫌な顔をされたり、包皮に亀頭が守られているため程度に差はありますが早漏や遅漏で嫌われる事もあります。それよりも本来なら成長できるはずの陰茎が未発達では、どれだけ人生を損するか考えてみてください。包茎で無ければ・・・と後悔する前に、一度、専門の医療機関へ行く事をおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ